1. ホーム
  2. 松商スクールライフ

松商スクールライフ

本日、3学年一斉の模擬試験を行いました。

進路実現につなげる、大事な模試です。

このページ先頭へ

早朝より、源智の井戸周辺の掃除を行っています。

※源智の井戸(げんちのいど)については松本市のホームページを御覧下さい。

以下ホームページに掲載してあるものを抜粋しました。

泉こんこん、城下町の湧き水

  この井戸は松本市内にある名水の一つで、松本城下町が形成される前から飲用水として使われていました。城下町ができてからは、地元の宮村に住む人々に利用されましたが、その所有者は中世以来この地に住居を構えていた河辺氏であり、天正年間に小笠原貞慶の家臣だった河辺縫殿助源智の名をとって、源智の井戸とよばれるようになりました。この井戸の存在は早くから知られ、歴代の領主や城主は、不浄なき旨の制札を出して保護に努めていました。また、遠近からも多くの人々が訪れ、酒の醸造にも使われました。明治13年(1880)の明治天皇松本御巡幸時にはこの井戸の湧水が御膳水として使われました。なお、町名の「源地(源池)」は、この井戸の名に由来しています。 
  この井戸の水は毎分約200リットルの湧出量を誇り、地元のみなさんはもちろん、市内外の人々にも人気が高く、多くの方が水を汲みに来ています。井戸がある地元の宮村一丁目では、かねてから有志のみなさんが「井戸を守る会」を作り、一年間を通じて早朝の清掃や周囲の環境整備、注連縄(しめなわ)のはりかえなどを行っています。
  松本城下町周辺では、周りの山々から集まってきた地下水が豊富で、井戸や湧水が数多くみられます。平成20年6月には、環境省による「平成の名水百選」に、「まつもと城下町湧水群」が選定されましたが、源智の井戸はその代表的なもののひとつです。

このページ先頭へ

本日から2日間、1年生を対象に心肺蘇生法の講習会を実施しています。

松本広域消防署の方々を招いて、心臓マッサージの方法やAEDの使用方法などを教えていただきました。班ごとに別れて全員が訓練用のマネキンを使って実際に体験しました。こうした講習を受けることが安全意識、危機対応能力の向上に繋がります。緊急な場面においても慌てずに適切な対応ができることで、大切な人の命を守ることができます。明日も真剣に取り組み、救命活動に協力できるように頑張ります。

このページ先頭へ

#授業風景1 

2017年05月30日 学校生活全般

#授業風景1

このページ先頭へ
【過去版】松商スクールライフ

  • 資料請求
  • 体験入学・学校説明会
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
  • 松本大学同窓会
  • 松商学園高等学校 校友会
  • 松本大学 / 松商短期大学部
  • 松本秀峰中等教育学校
  • 一般社団法人 松商サポート

〒390-8515 長野県松本市県3-6-1
【TEL】0263-33-1210 【FAX】0263-33-1213 【夜間専用】0263-33-1212
Copyright(c) Matsusho gakuen high school 2012